NGT山口真帆の卒アル画像が流出! 光星高校時代から可愛かった

まほほんの卒業アルバム写真が初流出

まほほんの卒業アルバム写真が初流出

2019年1月の暴行事件告白以降、被害者として日本中の注目を集めるNGT48の「まほほん」こと山口真帆。
このたび4月2日、彼女の高校時代の卒業アルバム写真とみられる画像が初めてネットに流出し、話題になっています。

高校時代もやっぱり可愛かった

高校時代もやっぱり可愛かった

こちらが、2019年4月2日に初めてネット上に流出した、山口真帆の高校の卒アル写真とされる画像。
「山口真帆さんの卒アルです」との一言とともに、一般人とみられるユーザーがTwitterに投稿しました。

48グループでも屈指の美人メンバーと言われる彼女ですが、高校時代から正統派の可愛らしさを備えていたことがわかり、ネット上のファン達からも絶賛の声が相次いでいます。

2 :47の素敵な:2019/04/02(火) 20:57:43.66 .net
いいやん

3 :47の素敵な:2019/04/02(火) 20:57:50.93 .net
可愛いやん
正統派美少女

10 :47の素敵な:2019/04/02(火) 20:58:32.75 .net
可愛くて草

11 :47の素敵な:2019/04/02(火) 20:58:39.24 .net
相当可愛いぞ

15 :47の素敵な:2019/04/02(火) 20:58:49.80 .net
これが学園のアイドルですわ

17 :47の素敵な:2019/04/02(火) 20:58:59.12 .net
こりゃブスから嫉妬されるわw

39 :47の素敵な:2019/04/02(火) 21:00:33.82 .net
昔から一貫してかわいいのな

40 :47の素敵な:2019/04/02(火) 21:00:45.38 .net
ちょっと目線合ってなくて恥ずかしそうなの可愛い

山口真帆の出身高校は八戸学院光星高等学校

2011年の朝日新聞記事により判明

2011年の朝日新聞記事により判明

山口真帆は青森県八戸市(はちのへし)の出身。
出身高校は、野球の強豪校として知られる八戸学院光星高等学校であることが、2011年の朝日新聞の記事から判明しています。

記事の中では、当時1年生であったまほほんが、夏の甲子園の決勝で敗れ準優勝となった野球部の選手達をねぎらっています。当時から、こうしたインタビューに選ばれるほど華のある優等生であり、また優しい性格であったことがうかがえます。

(20日、日大三11―0光星学院) 「よくやった」「勇気づけられた」――。光星学院の地元、八戸市では各地で歓声とため息が相次いだ。

(略)

準優勝メダルを下げて場内を一周する選手を見て一年山口真帆さん(15)は「選手はよくがんばりました。お疲れさまと言いたい。あさっては帰校を出迎えます」と話した。

2011年8月の記事

AKSの最悪会見にバッシング相次ぐ中、山口真帆の卒業可能性は?

まほほんは既にNGT卒業を決めている?

まほほんは既にNGT卒業を決めている?

3月22日には、AKSのグダグダ会見の最中にTwitterで怒涛の反撃を見せ、日本中の話題になったまほほん。
巷では、彼女は既にNGT脱退を心に決めているのではないかとの説も根強いですが、その胸中はまだ誰にもわかりません。

親族「真帆はNGTを辞めてもいいと思っている」

親族「真帆はNGTを辞めてもいいと思っている」

3月13日には、新潟県の主要メディアである新潟日報が、山口真帆の親族に取材した内容を報道。

まほほんの親族は、「真帆はもうNGTを辞めてもいいと思っている。でもグループが変わらずに自分がいなくなったら、他のメンバーにまた同じようなことが起きると心配して対処を求めている」と語っているとのことです。

新潟県を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆さん(23)が暴行被害に遭った問題で、山口さんの親族が(2019年3月)13日までに、新潟日報社の取材に応じた。親族は山口さんが求めているのは「真実を明らかにすることと、グループの適正な対処」といい、近くまとまる第三者委員会の報告と運営会社AKSの対応を注視している。
今回取材に応じた親族によると、山口さんは「自室のドアを閉めようとした時、男たちが無言でこじ開けてきた」と話している。男たちに自分の詳しい生活状況を把握されているとして、山口さんは「他のメンバーが情報を漏らしている」と運営側に訴えたという。

しかし運営側は保護者説明会で「帰宅時に声を掛けられた」などと説明。公式サイトで「メンバーの中に違法な行為をした者はいない」と発表した。このことから、山口さんは「事件が矮小(わいしょう)化されている」と憤っているという。

事件後の山口さんの様子について親族は「しばらくは思い出しては泣き出し、外にも怖がって出掛けられなかった」と振り返る。
この親族は1月に山口さんに頼まれ、当時スポンサーだった新潟市の食品会社まで車で連れて行った。「スポンサーを降りられたら大変だから謝りたい」と言う山口さんを、駐車場で30分も説得して思いとどまらせたという。

親族は「それくらいNGTのことを大事に考えている」とする一方で、「真帆はもうNGTを辞めてもいいと思っている。でもグループが変わらずに自分がいなくなったら、他のメンバーにまた同じようなことが起きると心配して対処を求めている」と山口さんの気持ちを代弁した。

3月22日の会見以降、相次ぐ運営バッシングとスポンサー撤退

3月22日のAKSの最悪会見を境に、NGT48を取り巻く環境は更に厳しくなり、テレビやラジオの冠番組が次々と終了したり、JR、新潟県、新潟市などの主要スポンサーだが続々とNGTとの契約を打ち切るなどしています。

これらはAKSの不甲斐なさに対するスポンサー陣の怒りであって、NGTのメンバー達や、まして被害者のまほほんが悪いわけでは決してないのでしょうが、このような状況の中で、まほほんの進退が注目されるのは必然であり……。

NGT48のメンバー、山口真帆さん(23)が暴行を受けたことに端を発した騒動が、収束の兆しを見せない。27日、FM新潟がホームページ上で、週1回放送していた番組「NGT48の みんな神対応!! ラジオあくしゅ会!!」の休止を発表したほか、県は国民文化祭の広報役起用を保留すると公表した。これまでにもメンバーが出演するテレビ番組やラジオ番組、CMが次々と終了、休止する事態となっており、影響が広がっている。
新潟市は(2019年3月)28日、市が関係する活動でのアイドルグループ「NGT48」の起用を4月から見合わせることを明らかにした。メンバーの山口真帆さん(23)への暴行事件を巡る一連の騒動が収束する見通しが立たないため判断した。市は今後について「事態が収束してから改めて検討する」としている。

(略)

市は「今の状況を考えると、市民から応援してもらっているとは言えないと判断し、契約などをいったん見直すことにした」と述べた。
「既に青森に帰っている」との報道も

「既に青森に帰っている」との報道も

一部メディアでは、まほほんは既に青森の実家に帰っており、NGTに戻る意志はないようだとの説も報道されています。
その真偽は定かではありませんが、この先どうなるにせよ、彼女がもう一度心から笑えるようになってほしいものです。

「山口はすでに青森の実家に帰省してしまったようで、もうグループに戻る意志はないようだ。山口と仲が良かったメンバーも何人か辞める意向のようだ」(芸能記者)

 発売中の「週刊文春」(文芸春秋)によると、AKSの会見前日の21日、メンバーの保護者説明会が開かれ、山口の母親も出席したという。

 しかし、そこでAKSの女性社長が、ファンとのつながりがあったとされる12人のメンバーについて、「(ほかのメンバーの)思い込みで12人になった」などデリカシーに欠ける発言。そのため、怒号が飛び、山口と仲のいいメンバーの保護者はすさまじい剣幕だったというのだ。

関連するまとめ

【NGT48】今村支配人更迭&劇場公演中止を発表! 山口真帆暴行事件でCMスポンサー…

山口真帆暴行事件に伴うバッシングを受け、1月14日には今村支配人の異動が発表されたNGT48。翌15日にはス…

forty-eighter / 3040 view

NGT48がAKB大握手会への参加中止を発表! 早川麻衣子新支配人体制で公演も中止・…

山口真帆暴行事件をめぐる炎上渦中のNGT48運営は、AKB48本店の大握手会に、兼任の柏木由紀を除くNGT全…

forty-eighter / 1900 view

NGT48・加藤美南がインスタ誤爆で大炎上! 山口真帆卒業を揶揄か? 父親の新宣社長…

NGT48の「かとみな」こと加藤美南(かとう・みなみ)が、自身のInstagramにて、山口真帆らの卒業公演…

forty-eighter / 912 view

NGT48荻野由佳が「AKB48」を「エネルギー48」と誤字! おぎゆかの華麗なるT…

NGT48の「おぎゆか」こと荻野由佳が、Twitterでまたしても訳の分からない誤字をやらかしてくれました。…

forty-eighter / 4122 view

NGT48加藤美南が新潟市長に立候補!? かとみな、センター復帰の可能性は?

新潟市の広報番組「さわやか新潟」に登場したNGT48の「かとみな」こと加藤美南が、「(気持ちで)新潟市長にな…

forty-eighter / 2130 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

連載エッセイ「アイドルという物語」