NGT48・山口真帆のプロフィール、活動経歴、卒業経緯を紹介

山口真帆、いよいよNGT48を卒業

山口真帆、いよいよNGT48を卒業

NGT48の一期生として活躍し、暴行事件告白で世界中から励ましの声を寄せられている「まほほん」こと山口真帆。
2019年4月21日の劇場公演にて、菅原りこ、長谷川玲奈とともにNGT48からの卒業を発表し、5月18日に卒業公演を迎えます。

本記事では、山口真帆のプロフィール、NGT48での活動経歴、卒業発表や最後の握手会などの経緯を紹介しています。
記事の末尾には美人すぎる山口真帆の画像ギャラリーも。

本記事の構成は、作家・芸能ライターとして活躍し、NGT48ドキュメンタリー小説「#ProjectTOKI ~新潟にアイドルの輝きを~」の作者として知られる板野かも先生にご監修頂きました。

▼NGT48 山口真帆 プロフィール

山口真帆(やまぐち・まほ)/23歳

山口真帆(やまぐち・まほ)/23歳

【公式ニックネーム】まほほん/まほほ
【所属事務所】AKS
【生年月日】1995年9月17日
【出身地】青森県八戸市
【合格期】NGT48 1期
【選抜回数】4回(センター:0回)

2015年7月 (19歳) NGT48 第1期生オーディションに合格
2016年1月 (20歳) NGT48 正規メンバーに昇格、チームNIIIを結成
2018年6月 (22歳) NGT48 チームGに異動、副キャプテンに就任

【選抜総選挙】(自身最高順位:53位)
第8回(2016年/20歳):圏外
第9回(2017年/21歳):53位(20,818票)
第10回(2018年/22歳):70位(20,654票)

《初選抜》 2017年4月 (21歳) 「青春時計」
《最新選抜》 2018年10月(23歳) 「世界の人へ」

▼NGT48では屈指の美形メンバー&不思議お姉さんとして活躍

2015年8月、一期生としてお披露目

2015年8月、一期生としてお披露目

青森県八戸市(はちのへし)出身の山口真帆は、2015年8月、NGT48の第一期生としてお披露目され、活動を開始。
お披露目当初から「NGTで最も美形」とファンから言われることが多く、注目を集めるメンバーの一人でした。
翌年1月には16人の正規メンバーの一人となり、初代チームNIIIを結成。

不思議お姉さんキャラでファン人気を拡大

不思議お姉さんキャラでファン人気を拡大

デビュー当時は19歳で、生え抜きの一期生の中では三番目に歳上だった山口真帆。
中高生のメンバーを導くお姉さん役……になるかと思いきや、「真帆の魔法にかけちゃうぞ☆」と不思議キャラの入ったMCを多々繰り出し、そのギャップも相まってファン人気を拡大させていきました。

「れなっち総選挙」で写真集もリリース

「れなっち総選挙」で写真集もリリース

加入2年目の2016年8月には、AKB48加藤玲奈がお気に入りメンバーを選ぶ「れなっち総選挙」で11位にランクインし、1位の小栗有以(写真中央)や15位の中井りか(右)らとともに写真集がリリースされました。
SHOWROOMでちょっと色々話題になったのは、この写真集について語っていたときの一幕ですね。

秋元康も注目する?逸材に

秋元康も注目する?逸材に

2016年8月の読売新聞紙面・秋元康コラムより。

AKB48グループ大運動会を観ていた秋元プロデューサーが、「頼りないイメージからは予想もつかないシュートを決めた」山口真帆に注目し、HKT48の松岡はなと並んで「この2人がAKB48グループのセンターになる日は来るのだろうか?」と結んでいます。

グループを支える屋台骨の一人となる

グループを支える屋台骨の一人となる

初代チームNIIIのメンバーとして、公演やSHOWROOMで存在感を発揮していく山口真帆。
加藤美南や高倉萌香、中井りかや荻野由佳のように第一線級の看板メンバーになることはなかったものの、NGTになくてはならない屋台骨の一人としてファンに愛され、2017年度の選抜総選挙では53位にランクインを果たしていました。

彼女の票数は、いわゆる「柱王」の恩恵を受けずに一般ファンから獲得したものとみられ、確かな人気をうかがわせます。

宮島亜弥との「にゃんまほ」コンビでも人気に

宮島亜弥との「にゃんまほ」コンビでも人気に

グラビアでの活躍頻度も高かった山口真帆。
1期研究生(※)だった「あやにゃん」こと宮島亜弥(みやじま・あや/写真左)との美形年長コンビは「にゃんまほ」の愛称でも知られ、特に人気がありました。


(※)NGT48の1期生は、初代チームNIIIの結成を境に正規メンバーと研究生に扱いが分けられており、「研究生」と名が付いているからといって後輩というわけではない。

組閣では新設のチームGの副キャプテンに

組閣では新設のチームGの副キャプテンに

2018年4月、朱鷺メッセで開催された単独コンサートにて、NGT48は初の組閣を発表。
初代チームNIIIのメンバーであった山口真帆は、新設のチームGに所属することとなり、後に初回公演にて副キャプテン就任が発表されました。
以降、キャプテンの本間日陽(ほんま・ひなた/写真中央)とともにチームGを牽引していくことになります。

▼2019年1月、暴行事件被害を告白

涙ながらの告白に日本中から励ましの声

涙ながらの告白に日本中から励ましの声

2019年1月、山口真帆は、前年12月にファンからの暴行被害に遭っていたことを告白。
この件は世間を揺るがす大ニュースとなり、ファンのみならず一般メディアからも多くの励ましの声が相次ぎました。

Twitterを駆使して戦いに身を投じる

Twitterを駆使して戦いに身を投じる

NGT48運営・AKSから突き放す対応をされ、実質休業に追い込まれた山口真帆ですが、その後もTwitterを駆使して抗戦を続け、多くの人を味方につけていきました。

▼菅原りこ、長谷川玲奈とともにNGT48からの卒業を発表

チームGの千秋楽公演にて涙の卒業発表

チームGの千秋楽公演にて涙の卒業発表

4月21日に行われたチームGの千秋楽公演にて、久々にファンの前に姿を現した山口真帆。
それまでの辛い出来事がウソだったかのように、終始、涙を見せず笑顔でパフォーマンスをやりきりました。
そして、終演間際、長谷川玲奈、菅原りこに次いでNGT48からの卒業を発表。
メディアはこぞって彼女らの卒業発表の件を取り上げ、AKSへの批判は高まるとともに、彼女達にはそれまでにもまして多くの同情や励ましの声が寄せられることとなりました。

アイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が(2019年4月)25日、自身のツイッターを更新。21日にグループ卒業を発表して以来初のツイートで、改めて心境をつづった。

冒頭、先日の卒業発表について「ファンの皆さんに卒業を伝えるのが本当に申し訳なくて、せめて笑顔でお伝えできたらと思っていたのですが、自分の前に発表したれな(長谷川玲奈)とりこ(菅原りこ)の卒業が悔しくて、涙を堪えるので精一杯でした」と振り返った山口。
暴行被害に遭い、事件をめぐる運営の対応にも深く傷ついてきた。「AKB48が、そしてアイドルが大好きでした。アイドルを好きになってしまった自分を恨み、親の反対を押し切ってアイドルになった自分も恨みました。NGT48にならなかったらこんな思いしなかったのではないかとも思いました」と複雑な胸中も明かしたが、「今はNGT48になってよかったと思っています」と前を向いた。

▼5月6日、最後の握手会を笑顔でやり遂げる

「このために生きていると実感した」

「このために生きていると実感した」

5月5日・6日、4ヶ月ぶりに握手会に参加した山口真帆。
最後の握手会はお話のみの対応という異例の設定となる中、菅原りこ、長谷川玲奈とともに、ファンと最後の挨拶を交わしました。

NGT48の山口真帆(23)が(2019年5月)6日夜、パシフィコ横浜で最後の握手会を終えた。

来場した複数のファンによると、前日5日と同じくファンの待機列まで衝立で仕切られ、警備員やスタッフが通常の倍近い厳戒態勢。握手はせず会話のみの対応となった。2日間を通じて明るく対応し、別れを惜しむように涙を浮かべる場面もあった。一緒に卒業する菅原りこ(18)が一足先に握手会を終えて、山口の側で見守っていたという。
その後、卒業するメンバー恒例のファンとの記念撮影が行われた。「まほちゃんはかけがえのない本当のアイドル」と記された横断幕に迎えられ、「握手会が4カ月間空いてしまって悲しかった。みんなと会えてうれしかった。私はこのために生きているんだと実感した」などと時折、涙をこらえるようにあいさつ。18日に一緒に卒業する菅原、長谷川玲奈(18)に加え、事件後山口に寄り添い続けた村雲颯香(21)の4人がそろい、残ったファンと記念撮影した。
山口真帆・最後の握手会にて

山口真帆・最後の握手会にて

山口真帆・最後の握手会にて

山口真帆・最後の握手会にて

菅原りこ、長谷川玲奈と並んで笑顔

菅原りこ、長谷川玲奈と並んで笑顔

アイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が(2019年5月)8日、自身のツイッターを更新。5・6日に神奈川・パシフィコ横浜で行われた最後の握手会を終え、来場してくれたファンへの感謝をつづった。

(略)

最後に「皆さんと直接お話して、『ファンの皆さんと出会うために私はアイドルになったんだ』と思いました」と自身の思いを再確認し、「私のことを見つけてくれて、会いに来てくれてありがとう。好きになってくれて、ファンになってくれてありがとう。皆さんに出会えて、応援してもらえて幸せです。またお会いできるように、夢に向かってがんばります。卒業公演で、またね」と、18日のステージに向けての言葉で締めくくった。

▼山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈の前途に幸あらんことを

ファンアートをTwitterに掲げた三人

ファンアートをTwitterに掲げた三人

山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈の三人は、現在、ファンが描いたイラストを揃ってTwitterのヘッダーに掲げています。
イラストを贈ったのは、NGT48ファンに人気の絵師で、板野先生のNGT48ドキュメンタリー小説「#ProjectTOKI ~新潟にアイドルの輝きを~」の看板イラストも手がけた「このぎ」氏。

この絵のように暖かい未来が卒業後の彼女達に待っていることを祈りたいものです。

一緒に卒業する菅原りこ、長谷川玲奈の紹介記事

NGT48 山口真帆 ギャラリー

山口真帆 NGT48・朱鷺衣装

山口真帆 NGT48・朱鷺衣装

山口真帆 NGT48・PARTYが始まるよ公演衣装

山口真帆 NGT48・PARTYが始まるよ公演衣装

山口真帆 NGT48「Maxとき315号」衣装

山口真帆 NGT48「Maxとき315号」衣装

山口真帆 NGT48「青春時計」衣装

山口真帆 NGT48「青春時計」衣装

山口真帆 NGT48「世界はどこまで青空なのか?」衣装

山口真帆 NGT48「世界はどこまで青空なのか?」衣装

山口真帆 NGT48「世界はどこまで青空なのか?」衣装

山口真帆 NGT48「世界はどこまで青空なのか?」衣装

山口真帆 NGT48「ナニカガイル」衣装

山口真帆 NGT48「ナニカガイル」衣装

山口真帆 NGT48「ナニカガイル」衣装

山口真帆 NGT48「ナニカガイル」衣装

山口真帆 NGT48「春はどこから来るのか?」衣装

山口真帆 NGT48「春はどこから来るのか?」衣装

山口真帆 NGT48「春はどこから来るのか?」衣装

山口真帆 NGT48「春はどこから来るのか?」衣装

山口真帆 NGT48「世界の人へ」衣装

山口真帆 NGT48「世界の人へ」衣装

山口真帆 NGT48・ステージ衣装

山口真帆 NGT48・ステージ衣装

山口真帆 NGT48・ステージ衣装

山口真帆 NGT48・ステージ衣装

山口真帆 NGT48・ステージ衣装(世界の人へ)

山口真帆 NGT48・ステージ衣装(世界の人へ)

山口真帆 NGT48・パジャマドライブ公演ユニット衣装(てもでもの涙)

山口真帆 NGT48・パジャマドライブ公演ユニット衣装(てもでもの涙)

山口真帆 NGT48・誇りの丘公演衣装

山口真帆 NGT48・誇りの丘公演衣装

山口真帆 NGT48・逆上がり公演衣装

山口真帆 NGT48・逆上がり公演衣装

山口真帆 NGT48・逆上がり公演衣装

山口真帆 NGT48・逆上がり公演衣装

山口真帆 晴れ着(AKB48グループ合同成人式・2016)

山口真帆 晴れ着(AKB48グループ合同成人式・2016)

山口真帆 コスプレ(魔法使い)

山口真帆 コスプレ(魔法使い)

山口真帆 コスプレ(魔法使い)

山口真帆 コスプレ(魔法使い)

山口真帆 コスプレ(魔法少女まどか☆マギカ)

山口真帆 コスプレ(魔法少女まどか☆マギカ)

山口真帆 コスプレ(メイド服)

山口真帆 コスプレ(メイド服)

山口真帆 コスプレ(マホノート)

山口真帆 コスプレ(マホノート)

山口真帆 コスプレ(マホノート)

山口真帆 コスプレ(マホノート)

山口真帆 コスプレ(うさぎ)

山口真帆 コスプレ(うさぎ)

山口真帆 コスプレ(サンタ服)

山口真帆 コスプレ(サンタ服)

山口真帆 コスプレ(サンタ服)

山口真帆 コスプレ(サンタ服)

山口真帆 コスプレ?(伊達眼鏡)

山口真帆 コスプレ?(伊達眼鏡)

山口真帆 コスプレ(学校制服風)

山口真帆 コスプレ(学校制服風)

山口真帆 浴衣

山口真帆 浴衣

山口真帆 浴衣

山口真帆 浴衣

山口真帆 私服(私服サプライズ2018)

山口真帆 私服(私服サプライズ2018)

山口真帆 私服

山口真帆 私服

山口真帆 私服

山口真帆 私服

山口真帆 2016年度選抜総選挙ポスター

山口真帆 2016年度選抜総選挙ポスター

山口真帆 2017年度選抜総選挙ポスター

山口真帆 2017年度選抜総選挙ポスター

山口真帆 2018年度選抜総選挙ポスター

山口真帆 2018年度選抜総選挙ポスター

記事監修者

板野かも

板野かも

作家・ライター。
AKB48グループをはじめとする女性アイドル関連の芸能記事を多く手がけ、また2017年よりWEB小説サイト「カクヨム」にてアイドルをテーマにした小説を執筆。WEB文芸界きってのアイドル通として知られる。

NGT48にも強い思い入れを持ち、NGTが未だ不遇をかこっていた2017年春には、NGTメンバーをモデルとした未来の新潟のアイドル達の奮戦を描いた小説「48million ~アイドル防災都市戦記~」を執筆。
2018年には、NGT48の誕生を描くドキュメンタリー小説「Project TOKI」をカクヨムにて連載、2,000人を超えるNGTファンが感涙する話題作となった。

関連するまとめ

NGT48・加藤美南がインスタ誤爆で大炎上! 山口真帆卒業を揶揄か? 父親の新宣社長…

NGT48の「かとみな」こと加藤美南(かとう・みなみ)が、自身のInstagramにて、山口真帆らの卒業公演…

forty-eighter / 31565 view

NGT48研究生・宮島亜弥が活動休止! 休業理由は本間日陽、角ゆりあらの内紛の炎上か…

NGT48研究生の宮島亜弥が体調不良のため休業することが発表されました。ファンの間ではその数日前から、本間日…

forty-eighter / 164412 view

【NGT48】ホリプロが荻野由佳のファン繋がりを完全否定! おぎゆか、山口真帆暴行事…

NGT48の「おぎゆか」こと荻野由佳の所属事務所であるホリプロが、荻野由佳とファンとの私的な繋がりの疑惑を完…

forty-eighter / 7962 view

NGT48の冠番組「にいがったフレンド」放送終了の理由は? 最終回は3月25日 山口…

新潟県内その他で放送されていた、NGT48の冠番組「NGT48のにいがったフレンド!」が、2019年3月をも…

forty-eighter / 5532 view

【NGT48】加藤美南の研究生降格処分は見せかけ? 早川支配人ツイート動画に批判…村…

NGT48の早川麻依子支配人がツイートした村雲颯香の誕生日お祝い動画の中で、SNSへの不適切投稿で研究生降格…

forty-eighter / 3167 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

連載エッセイ「アイドルという物語」